【HSCの才能を伸ばすには?】強みを活かせるおすすめの習い事を厳選紹介!

このような悩みはありませんか?
「HSCの強みってなに?」
「子供がなにに興味があるのかわからない」
「子どもの才能って伸ばせるの?」

HSCの子育てをしていると、他の子と何か違うと感じることがあるでしょう。
そしてHSCならではの才能を伸ばすために、習い事をさせたいと思う親も多いと思います

HSCの才能を伸ばしていくには、その子に合った習い事を選ぶ必要があります。子どもに合わない習い事を選んでしまうと、逆効果になりかねません。

本記事では、HSCの特徴と才能を伸ばせる習い事について紹介していきます。この記事を読んで、HSCに合った習い事を選び、才能を伸ばしていきましょう。

HSCの4つの特徴

アメリカの心理学者エイレン・N・アーロン博士が提唱したHSC(Highly Sensitive Child)は、「人一倍敏感な子ども」という意味です。

アーロン博士はHSCには「DOSE(ダズ)」という4つの特性があると言っています。

DOSE(ダズ)の特性
  • D:物事を深く処理す(Depth of processing)
  • O:刺激に対して過剰に反応する(Overstimulated)
  • S:共感能力が高い(Emotional reactivity and high Empathy)
  • E:小さな刺激を察知しやすい(Sensitivity to Subtleties)
4つの特性についてそれぞれ紹介していきます。

D:物事を深く処理する

HSCでない子があまり考えないことに対して、深く考え込んでしまう傾向があります。
なぜならHSCの脳は、情報を深く処理する部位が活発に働いているといわれているからです。

 

Dの特徴
  • 物事を深く考えるため、判断するのに時間がかかる
  • 大人びた考え方や質問をする
  • 色々な可能性を考えて、行動に移すのに時間がかかる

O:刺激に対して過剰に反応する

HSCは些細な刺激を感じ取りやすく、反応する傾向があります。
些細な刺激に気づき反応することで、疲れやストレスが大きくなりやすいです。

 

Oの具体例
  • 大きな音が苦手
  • 少しでも濡れた服やサイズの合っていない靴を嫌がる
  • 人の多いイベントなどが苦手

S:共感能力が高い

HSCは感情の共感力がとても高いです他人が感じていることを察知して、自分ごとのように感じます。また友達や家族の、辛い・嬉しいなどの感情に気づきやすいです。

 

Sの具体例
  • ・他人が怒られていると自分も怒られているように感じる
  • 映画や絵本を見て感動しやすい
  • 友達や家族の感情を察知する

 

E:小さな刺激を察知しやすい

HSCは他の子が気づかないような、身の回りの小さな変化に気づき反応します
一見何もしていないように見えますが、本人は反応し考えてしまうためたくさんのエネルギーを消費しています。

 

Eの具体例
  • 人の髪型が変わるとすぐに気づく
  • 家具の位置が変わっているのに気づく
  • チクチクする服を嫌がる

 

 

HSCが向いている習い事

HSCの才能を伸ばしていくためには、HSCの強みを発揮できる習い事を選ぶ必要があります。
HSCに合った習い事を選ぶことで、HSCの才能を伸ばしていけます。
HSCの子どもが向いている習い事の特徴は大きく分けて2種類です。

・一人でできる→思考力を伸ばせる
・自由度が高い→表現力を伸ばせる

上記の特徴がある習い事は、周りの環境に影響されにくく自分のペースでできますそのため、習い事を通してHSCの才能を伸ばしていける環境になっていることでしょう。

ここからは、具体的な習い事を紹介していきます。

一人でできる習い事

一人でできる習い事のメリットは、自分のペースでできることです。
HSCは、他人の気持ちや行動を察知し反応してしまう特徴があります。なので、チームでやるような習い事よりも一人でできる習い事の方が向いています。

また一人でできる習い事は、HSCの特徴(DOSEの特性)の中の【D:物事を深く処理する】を伸ばしていけます。
物事を深く処理するというのは、言い方を変えると思考力があるともいえますよね。

日常生活の中では、周りに影響されていろんなことに対して物事を深く考えてしまいます。
そのため、思考力をなかなか発揮できません。

しかし一人でできる習い事であれば、周りに影響されにくいため、深く考える対象が少なくなります。
深く考える対象が少なくなるほど、思考力が発揮されやすく、思考力が伸びていくんです。

ここからは、一人でできる習い事と思考力が伸びる流れについて紹介していきます。

一人でできる習い事
  • 書道
  • 陸上
  • 水泳
  • ピアノ
思考力が伸びる流れ
物事を深く処理する(HSCの特徴)

一人でできる習い事を始める

周りに影響されずに自分のペースでできる(一つのことに集中できる)

習い事について深く考える(もっとこうしたほうがいい、次はこうやってみようなど)

・思考力が伸びる
・習い事について深く考えるため成果に繋がりやすい

自由度が高い習い事

自由度が高い習い事のメリットは、自分を自由に表現できることです
HSCは日常生活の中で、些細な刺激を感じ取りやすく反応する特徴(O:刺激に対して過剰に反応する)があります。

普段生活する中で、人の思いや周りの変化などいろんなことを感じとります。
そのため、ストレスや疲れが溜まりやすいです。

またHSCは、自分よりも周りの人を優先する傾向があります。
周りに自分の気持ちを表現できない分、本人の負担が大きくなってしまいます。

しかし「些細な刺激を感じ取る」を言い換えれば、「感受性が豊か」ともいえますよね。
感受性が豊かなので、自分を自由に表現できる自由度の高い習い事は、HSCに合っています。

そして感受性が豊かな分、習い事でその才能を発揮できるでしょう。

自由度が高い習い事
  • 絵画
  • ダンス
  • 英会話レッスン
  • バレエ
表現力が伸びる流れ
刺激に対して過剰に反応する(HSCの特徴)

自由度が高い習い事を始める

自分の感情を表に出せる

・表現力が身に付く
・日々の考えやストレスを発散できる

習い事で親が注意するべきこと

習い事を始めてから、「習い事は続かせなきゃ」「もっと頑張ってほしい」などと思うことがあるかもしれません。

そういったときの、親のサポート次第では子どもを苦しめてしまう時があります。

ここからは親がサポートする上で注意するべきことを2つ紹介します。

①無理やり連れて行かない

習い事で親が注意するべきこと1つ目は、無理やり連れて行かないことです。

習い事を続けているうちに、子どもが「行きたくない」ということがあるでしょう。
ですが、行きたくないと言ったときに、無理やり連れていくのは禁物です。

HSCの子は、とても敏感でいろんなことに気が付きます。
学校で嫌なことがあったり、習い事先の先生と合わないなどが原因で、行きたくないと言っているかもしれません。

親が「そんなことで?」「ただのわがままじゃん」と思うようなことでも、HSCの子は気にしてしまいます。

なので、習い事に行きたくないと言った時は、本人の話を最後まで聞いてあげることが大切です。

②結果を求めすぎない

習い事で親が注意するべきこと2つ目は、結果を求めすぎないことです。

親が子どもに結果を求めすぎてしまうと、子どもに大きな負担がかかります。
最初は「楽しんで続けてくれればいい」と思っていても、だんだんと「結果を出してほしい」と思うようになってしまいますよね。

「結果を出してほしい」というのは、子どもの成長を願っているからこそ出てくる気持ちだと思います。

しかし「結果を出す」というのは、子どもが自発的に目指すからこそ意味があるのではないでしょうか。

親の習い事に対する熱が、子どもの熱を超えてしまうと、どうしても子どもが負担に感じてしまいます。

私も親に結果を求められる経験したからこそ、子どもが負担に感じる気持ちがわかります。

私は小学生の頃、5年間サッカークラブに入っていて、最初は練習や試合を楽しくやっていました。
しかし、合後にで怒られるようになり、だんだんと親の顔色を伺いながらサッカーをするようになったんです。
いつの間にか「楽しいからサッカーをやる」ではなく、「親に怒られないようにサッカーをやる」に変わっていました。

このような経験がある方は多いのではないでしょうか。

私の経験からも言えるように、親が結果を求めすぎるのは、子どもの負担になります。
HSCの子は、人の感情を感じ取りやすいので、特に注意が必要です。

「結果を求める」のではなく、「習い事に楽しく通えている過程」を見るようにしましょう。

まとめ

HSCの繊細な気質は強みに変えることのできる才能です。
幼稚園や学校では、HSCの才能を伸ばしていくことはむずかしいかもしれません。
ですが本人に合ったものを選べる習い事は、本人の才能を伸ばしていくことができます。

そして親御さんたちは、子どもが伸びぼびと習い事に打ち込める環境を作ってあげることが大切です。

本人に合った習い事を通してHSCの才能を伸ばしていきましょう。

\期間限定で無料公開中/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA